Kyoto
Japon
FRANCAIS | ENGLISH


Responsable : Martin Nogueira Ramos

École française d'Extrême-Orient
Kitashirakawa bettô-chô 29, Sakyô-ku
606-8276 Kyoto
Japon
Tel: +81 75 701 0882
Fax: +81 75 701 0883
〒606-8276 京都市左京区北白川別当町29 martin.ramos@efeo.net
efeo.kyoto@gmail.com


PRÉSENTATION
Conférence autour de l'ouvrage ; Isoho Monogatari
21 MAI 21
La langue des comunications sera le japonais.

よみがえったイソップ絵巻
『絵入り巻子本「伊曽保物語」』 刊行記念トークイベント




申し込みリンク
https://forms.gle/1FBDfwsAPk2ZeVmq7

お申込み完了画面で11桁のミーティングIDが発行されますので、メモまたはスクリーンショットにて保存をお願いします。(自動メールは届きません)後ほど当館から受付確認メールを送信しますが、もし3日以内に届かない場合は再度お申し込みいただくか、メールにてお問い合わせください。

2021年5月21日 17:00 - 19:00

 

『絵入巻子本「伊曽保物語」―翻刻・解題・図版解説』(臨川書店、二〇二一年刊)の出版を記念して、編者を含む四人の研究者が、中世ヨーロッパ文学、中・近世日本文学、日本語学、美術史など様々な立場から、日本版『イソップ寓話集』の絵巻に切り込む。この絵入り巻子本六巻は十七世紀後半に制作され、奈良絵本・絵巻というジャンルの優れた例である。しかし、『伊曽保物語』の絵巻様式として現在知られる唯一のものであるにもかかわらず、学術的には一九三〇年に一度紹介されたのみであった。刊行をきっかけに、作品の存在を再確認すると同時に、発表者だけでなく、参加者も交えながら、その特徴や背景について語り合う。

 

パネリスト

■岸本恵実 (大阪大学准教授)

伊曽保物語の「ぱすとる」(羊飼い)―キリシタン版と国字本をつなぐことば

■兵頭俊樹 (和歌山大学准教授)

伊曽保物語と翻訳底本―文字と画を比べながら

■ローレンス・マルソー  Lawrence MARCEAU (イタリア東方学研究所客員研究員)

奈良絵本・絵巻としての西洋文学―絵入巻子本『伊曽保物語』の意義

 

ディスカッサント

■荒木浩 (国際日本文化研究センター教授)


※使用言語:日本語
詳細情報はこちらのチラシをダウンロードしてご覧ください。
https://drive.google.com/file/d/1l4qtSTE5_1MlsNzp9ZvpzACZqzPG4g8e/view?usp=sharing


Italian School of East Asian Studies (ISEAS)
Ecole française d'Extrême-Orient (EFEO)
Institute for Research in Humanities, Kyoto University