Responsable: Martin Nogueira Ramos

École française d'Extrême-Orient
Kitashirakawa bettô-chô 29, Sakyô-ku
606-8276 Kyoto
Japan
Tel: +81 75 701 0882
Fax: +81 75 701 0883
〒606-8276 京都市左京区北白川別当町29 martin.ramos@efeo.net
efeo.kyoto@gmail.com


早稲田大学でのシンポジウムのお知らせ
22 JUNE 19

シンポジウム
近世東アジアにおけるキリシタンの受容と弾圧
 
◦清水有子 (明治大学)/日本におけるキリシタン禁令の成立過程 ―正親町天皇の永禄8年京都追放令を中心に―
◦マルタン・ノゲラ・ラモス (フランス国立極東学院)/失われた民衆の 声を求めて―島原天草一揆後の排耶書を中心に―

◦ピエール・エマニュエル・ルー (パリ・ディドロ大学)/日本から 中国までの禁教―清代の絵踏を 中心に―

◦牧野元紀 (昭和女子大学・東洋文庫) /近世ベトナムにおけるキリシ タンの受容と弾圧
 
三野行徳 (国文学研究資料館)/ ディスカッサント
 
大橋幸泰(早稲田大学)/ 趣旨説明・司会
 
日時/2019年6月22日(土)13時~17時30分
会場/早稲田大学早稲田キャンパス14号館501号室
参加費無料/事前申し込み不要
 
主催/キリシタン科研[科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(基盤研究(B)一般)課題番号 17H02392「近世日本のキリシタンと異文化交流」]・マレガプロジェクト(人間文化研究 機構国文学研究資料館・東京大学史料編纂所・大分県立先哲史料館)
後援/公益財団法人東洋文庫・日仏東洋学会・フランス国立極東学院
連絡先/早稲田大学教育・総合科学学術院大橋幸泰研究室 yohashi@waseda.jp