Responsable: Martin Nogueira Ramos

École française d'Extrême-Orient
Kitashirakawa bettô-chô 29, Sakyô-ku
606-8276 Kyoto
Japan
Tel: +81 75 701 0882
Fax: +81 75 701 0883
〒606-8276 京都市左京区北白川別当町29 martin.ramos@efeo.net
efeo.kyoto@gmail.com


日本における建築の保存と再生
15 APRIL 16
講師:中川幸嗣2016年4月15日 18時から会場:EFEO Kyoto
20世紀中に、日本は急速かつ強烈な近代化を経験し、新しい経済と文化の規範の推進力のもとで変容した。一世紀以上の間を通じて、日本で構築された建築は、新しいテクノロジーや、新しいフォルム、新しいコンセプトを集積しながら進化した。
同時に、伝統的空間の建築、伝統的住居の様式、技術、形や使用形態などは、部分的にではあるが、保存され、改修されていった。
経済と都市の強烈な拡大を経験した後で、21世紀の初めごろから、日本の人々はおそらく新しいパラダイムに入った。非工業化、経済の停滞、人口減少、環境問題やエコロジーの課題が建築の着想を転換させた。我々は、同様に、この『危機』の時代に在って、古代や近代の建築的遺産の改修についての新たな可能性が発展していくと考察する。保存と改修、まさにその概念が変容し、建築と都市化の実践が進化するのだ。
この月1回のセミナーでは、建築的遺産や現在の日本の都市から新しい空間を構築する手法を問い続けている理論家や実践家の声をお届けする。

 建築   研究集会   日本における建築の保存と再生